SUPのマナーとルール

先日、SUPゲレンドして解放しました”茅ヶ崎”海岸で激混み(サーフィン)するポイントでSUPサーフィン初

心者の方に左右空いてるところでSUPサーフィンしてくださいと注意したところ、一緒にいた方が

うるさい!しつこいんだよ!と食ってかかっている出来事がありましたが、一般のサーフィン等をしている

人に怪我等を負わせてしまっては大変なことになりますから、注意されたら素直に聞き入れてポイントを

移動しましょう。せっかく解放されたゲレンデを又、一部の方の行動で失ってしまいます。

SUPサーフィン&SUPクルージングを楽しむためのルール

  • SUPを受け入れている、ホームグランドを持ちましょう。知らないポイントに入る場合は、最寄りのサーフショップもしくはローカルサーファー等に問合わせをして、ローカルルールを必ず確認しましょう。
  • 腹這いパドルを出来るようにしましょう。(スクール等に必ず組み込んでください。) 混雑時やサーファーが近くにいる時は、腹這いパドルでアウトに出るようにして、威圧感を与えないように心掛けましょう。
  • 気象状況の確認(風・波の急激な変化に備える)をしましょう。強いオフショアは特に危険です。沖はさらに強い場合が多いので、十分に注意しましょう。
  • リーシュコードは必ず付けましょう。(入水前に傷・不備がないか確認する。新しいもの、ボードに対して長過ぎないものを使いましょう。)
  • ライフベスト・ライフジャケット等の浮力物は必ず着用しましょう。
  • 往路は体力の1/3、復路は2/3、が必要です。自分の体力を過信しないで、余裕を持ちましょう。
  • 携帯電話を携行しましょう。(事故・トラブル発生時の緊急連絡先は118番です)
  • 目立つ色のウエット・帽子・ジャケット等を着用しましょう。SUPUでは、漁船から見えにくいという指摘を漁業協同組合から受けています。
  • SUPで波乗りする人はショートボード・ロングボード・ボディーボードを体験するようにしましょう。
  • SUPでの波乗りはボードコントロールをマスターしてから。スクールや上級者の指導を受けてトライしましょう。
  • ポイントでは譲り合いの気持ちを忘れない、笑顔で挨拶を励行しましょう。
  • 人が少なく、波に乗れるポイントを選び、サーファーが居るピークには行かないようにしましょう。
  • 波待ちは「沖」を向いて、できれば座っての波待ち。常に他人(ショート・ロング・BB等にかかわらず)とは3m以上の距離を確保しましょう。
  • ドロップインは厳禁、テイクオフはピーク側から、1wave 1personを守りましょう。ひとつのセットでいくつもの波に乗ろうとしないようにしましょう。
  • SUPで波乗りする人はショートボード・ロングボード・ボディーボードなどでも波乗りできるようにしましょう。サーフィンのルール&マナーを覚えることは必須です。
  • SUPでの波乗りはボードコントロールをマスターしてから。スクールや上級者の指導を受けてトライしましょう。
  • ポイントでは譲り合いの気持ちを忘れない、笑顔で挨拶を励行しましょう。
  • 人が少なく、波に乗れるポイントを選び、サーファーが居るピークには行かないようにしましょう。
  • 波待ちは「沖」を向いて、できれば座っての波待ち。常に他人(ショート・ロング・BB等にかかわらず)とは3m以上の距離を確保しましょう。
  • ドロップインは厳禁、テイクオフはピーク側から、1wave 1personを守りましょう。ひとつのセットでいくつもの波に乗ろうとしないようにしましょう。たとえ、自分の方が沖から乗ったとしても、ピーク側にサーファーがいる場合にはプルアウトしましょう。
  • SUPサーフィンは、パドルサーフィンより多くの波を捕れることを自覚し、周囲でサーフィンを楽しまれる方にも配慮し、たくさんの波を譲りましょう!!   ※SUPUからの引用

 

関連記事

  1. 茅ヶ崎 服部市長に報告&茅ヶ崎市制施行70周年

  2. Kai Lenny road to Victory

  3. マイナビ JAPAN CUP Chigasaki17′

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。