茅ヶ崎ポイントにおけるSUPサーフィンポイントとルール

以前に発表しました茅ヶ崎ポイントSUPサーフィン解禁のポイントです

全茅ヶ崎ポイント解禁とお知らせしたところ以下のルール&場所にて

サップサーフィンをお楽しみください。

「SUPマナー&心得」

共通 5か条

※SUPを受け入れている、ホームグランドを持ちましょう。

知らないポイントに入る場合は、最寄りのサーフショップもしくはローカルサーファー等に

問合わせをして、ローカルルールを必ず確認しましょう

※腹這いパドルを出来るようにしましょう。(スクール等に必ず組み込んでください。)

混雑時やサーファーが近くにいる時は、腹這いパドルでアウトに出るようにして、

威圧感を与えないように心掛けましょう。

※気象状況の確認(風・波の急激な変化に備える)をしましょう。

強いオフショアは特に危険です。沖はさらに強い場合が多いので、十分に注意しましょう。

※リーシュコードは必ず付けましょう。

(入水前に傷・不備がないか確認する。新しいもの、ボードに対して長過ぎないものを使いましょう。)

※自転車、ランチャーの置き場に注意しましょう。自転車キャリアを使用

する場合は、フィンは必ず内側にしましょう。

クルージング 4か条

※ライフベスト・ライフジャケット等の浮力物は必ず着用しましょう。

※往路は体力の1/3、復路は2/3、が必要です。自分の体力を過信しないで、余裕を持ちましょう。

※携帯電話を携行しましょう。

※目立つ色のウエット・帽子・ジャケット等を着用しましょう。

SUPUJ(日本スタンドアップパドルユニオン)では、漁船から見え

にくいという指摘を漁業協同組合から受けていることから、目立つ色の

ビブスを配布して、沖に漕ぎ出すときは着用してもらうようにしていま

す。(製作中です。)

SUPサーフィン 5か条

※SUPで波乗りする人はショートボード・ロングボード・ボディーボードを体験するようにしましょう。

※SUPでの波乗りはボードコントロールをマスターしてから。スクールや

上級者の指導を受けてトライしましょう。

※ポイントでは譲り合いの気持ちを忘れない、笑顔で挨拶を励行しましょう。

※人が少なく、波に乗れるポイントを選び、サーファーが居るピークには

行かないようにしましょう。

※波待ちは「沖」を向いて、できれば座っての波待ち。

常に他人(ショート・ロング・BB等にかかわらず)とは3m以上の距離を確保しましょう。

※ドロップインは厳禁、テイクオフはピーク側から、1 wave 1 personを

守りましょう。ひとつのセットでいくつもの波に乗ろうとしないようにしましょう。

 

 

SUPをサーフィンエリアで楽しむため、以下のルール&マナーを守りましょう!!

1、 SUPサーフィンができるエリアは、ラチエン~チーパー西網までと白樺です

危険があるため、エリアをこのようにしました。ただし、一般サーファーが多く集まるピークでの

SUPサーフィンはご遠慮ください

2、SUPサーフィンを楽しむためのルール&マナーリンク

一般社団法人日本サーフィン連盟 http://www.nsa-surf.org

ちがさきサーフィン協会瓦版 http://chigasakisurf.air-nifty.com/blog/

茅ヶ崎サーフィン業組合  http://www.csiu.jp

Ocean’s Love http://www.wingup-pt.com/oceanslove/

茅ヶ崎市 http://www.city.chigasaki.kanagawa.jp

日本SUP推進協議会&PSA-J協会

波乗り 7か条

●SUPで波乗りする人はショートボード・ロングボード・ボディーボードなどでも波乗りできるようにしましょう。

サーフィンのルール&マナーを覚えることは必須です。

●SUPでの波乗りはボードコントロールをマスターしてから。スクールや上級者の指導を受けてトライしま

しょう。

●ポイントでは譲り合いの気持ちを忘れない、笑顔で挨拶を励行しましょう。

●人が少なく、波に乗れるポイントを選び、サーファーが居るピークには行かないようにしましょう。

●波待ちは「沖」を向いて、できれば座っての波待ち。常に他人(ショート・ロング・BB等にかかわらず)

とは3m以上の距離を確保しましょう。

●ドロップインは厳禁、テイクオフはピーク側から、1 wave

1 personを守りましょう。ひとつのセットでいくつもの波に

乗ろうとしないようにしましょう。

たとえ、自分の方が沖から乗ったとしても、ピーク側にサー

ファーがいる場合にはプルアウトしましょう。

●SUPサーフィンは、パドルサーフィンより多くの波を捕れ

ることを自覚し、周囲でサーフィンを楽しまれる方にも配慮

し、たくさんの波を譲りましょう!!(SUPしか乗れない波も

あると思いますが、すべてのセットにSUPサーファーがアプ

ローチしてしまうとそのポイントに入っているサーファーは

どの波にアプローチすれば良いのですか?)

◆ SHARE THE WAVES・・・more

◆ Don’t forget 『ALOHA』spirits…

★安全を図るためにメンバーによるパトロールを実施します。

その際にはご協力よろしくお願い致します。

関連記事

  1. Aloha SUP Circumstances☮︎

  2. PSA-J公認プロトライアル

  3. SUPフィッシング

  4. 2nd MABO ROYAL SUP 彩湖 CUP – S…

  5. DOGGY BRO. “SUP WITH DOG”

  6. Mr.Hosoii introduction

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。